もう、夢だけで終わらせない。日本一の夢の祭典「みんなの夢AWARD8」

2017/12/05

みんなの夢AWARD8ファイナリスト合宿開催!

みんなの夢AWARD恒例のファイナリスト合宿が、
12月2日、3日と東京代々木にあるオリンピックセンターにて開催されました。

講師は公益財団法人みんなの夢をかなえる会理事の長倉牧子さん。

ファイナリスト7名が一堂に会すのは初めてであり、
改めて自己紹介を兼ねたそれぞれの夢の発表からスタート。

1日目午後は、総合プロデューサーの中川直洋氏から、
ソーシャルビジネスや夢手帳の使い方についての熱い講義、
その後、各人より、本番に向けて作り始めたプレゼンが披露されました

それをもとに、残りの2日間では、
ファイナリストとしてふさわしい、基礎と方向性のある夢を構築するための夢の精査、
ソーシャルな夢を持つにあたって持つべき精神のあり方、
そしてプレゼンスキルの指導が行われました。

*IMG_5499
「社会の為に、人の為に、その芯を誠実に貫けば、夢は絶対に絶対に実現する。」
というメッセージを繰り返しファイナリストに投げかける長倉氏。
身一つで夢を追い続け、実現に漕ぎ着けたご自身の経験をもって語る熱い言葉には
夢見事だ、とは決して跳ね返せない
言葉にできない強い説得力がありました。
過去8回の「みんなの夢AWARD」にエントリーされた数多くの”本気の夢”から選ばれた
ファイナリストとしての責任、持つべき自覚とは何かを問いかける鋭く真剣な姿勢には、
ファイナリストも、合宿到着時とは一転の、目の醒めた様な面持ちになり、
気持ちを奮わせて、その後の活動に取り組んでいました。
*IMG_5444
総合プロデューサー中川氏の講義では、
ソーシャルビジネスにおける 「ロマンとソロバン」の両立の大切さ、
そしてどうしたら両立を確立できるのか、
総合プロデューサーとしてエントリー時からファイナリスト全員と共に歩んできた、
それぞれの夢が頭に刻まれた中川氏だからこそできる参加型のレクチャーで、
笑いあり喝ありの解説をして頂きました。
全員に配布された「夢手帳」の使い方講座では
次5年、10年の人生の様々な側面における一年ごとの計画を記入。
(実際にやってみるのがとても面白そうです。
夢実現に向け、大変効果がありそうだったので私も今週末やってみることにしました。)
夢追い人は「ソロバン」を見落としがちですが、
ファイナリスト達のそれぞれ細かい計画に対し、「それは幾らかかる?」
と、より計画を実現するべく何度もツッコミを入れる中川氏でした。 IMG_5480
次5年、10年の計画を書き出すという突然のタスクを
サッサとこなすファイナリストの姿には、
やはり選ばれし者の凄さを見ました。

こらから7人のファイナリスト達は今回の学びと気づきをもとに
2月の舞台に向けて最高のプレゼンを作り上げるべく
日々取り組んでいきます。

 選考の時点で既に、聴いているひとをドキドキさせる、
毎日が、明日の社会が、明るくなる気がする様な夢をプレゼンしてくれたファイナリスト達。
これからそれぞれの夢がどの様により現実性と社会性を培って、
プレゼンという媒体を通してその姿を浮き上がらせ、
観客と、将来のパートナーとなる協賛企業の皆様を魅了するのか
本当に楽しみです。
2月26日の舞浜アンフィシアターでの
みんなの夢AWARD8最終選考会
皆さまも楽しみにしていてください!
(みんなの夢AWARD8プロジェクト事務局 花堂)
スケジュール
facebook
Twitter